社員のモチベーションをあげる人事制度とは?

働き方改革やリカレント教育など、人口構成や社会の環境変化に伴い、私たちの働き方や環境も日々変化しています。

環境に合わせた変革を企業は求められるなか、アイエスエフネットも今年1月、人事制度を改定。変更内容をダイジェストでご紹介します!

ンプルで分かりやすい人事制度に!

アイエスエフネットでは、会社と社員が同じ方向を向いて成長できるよう、理念・哲学を軸に置き、会社と個々社員のベクトルが合う人事制度を展開してきました。

以前このブログでも紹介(業務成績以外で人事評価!?)した、哲学の根本「人間性の評価」の軸「ブランドマスター」や「コア制度」がその一例です。しかし、評価する側からも、される側からも「分かりにくい」という声が一部あったのも事実…。

評価の軸がシンプルになることで目標値が分かりやすくなり、アクションプランも立てやすくなります。今回の人事制度は、「ブランドマスター」「コア制度」「業務上の評価制度」とこれまで3つあった評価の軸をまとめることで、人事制度を分かりやすくしました。

ンジニアとしてのスキルアップ!

エンジニアとしてのジレンマのひとつに「待遇は改善したいが、管理職ではない道に進みたい!」そんな声があるのも事実です。マネージャーに向いてるエンジニアの方も多くいますが、スペシャリストとして活躍するエンジニアも多くいます。

スペシャリストを目指す方の待遇をより明確にするために、生涯エンジニアとして活躍できるキャリアパスを準備。エンジニアとしてのキャリアパスと給与を連動させることで、給与の上がる仕組みをより分かりやすくしました

張る人を評価することでモチベーションUP!

人事制度を全面的に加点式へ変更し、頑張る社員を応援する人事制度になりました。これまで通り、積極的に資格取得をする社員を評価するなど、成果だけでなくプロセスを大切にする制度は保ちつつ、よりキャリアパスの描きやすい人事制度へと変更。その都度、成長を感じていただきながら、モチベーションをキープできる制度を目指します。

PDCAを繰り返し続ける

今回、ブランドマスター制度の統合、コア制度を変更することで、私たちがこれまで大切にしてきた「人間性」への意識が薄れるのではないか?など、人事制度の改定に向けてさまざまな声がありました。

私たちの事業は日々環境がめまぐるしく変わるIT。会社の規模が大きくなっても柔軟性は失なわないようにしなければなりません。だからこそ、理念や哲学などの会社としての軸を、しっかり社員みんなで共有し理解することも大切です。

働き方改革などで法律なども変わっていく中、“社員の望む制度”と“会社が目指す体制”のバランスを大切に、今後も改善し続けていきます!