CSR憲章

私たちは、社会的企業として、ステークホルダーに対しての責務を果たすため、下記取り組みを推進し、アイエスエフネットグループ大義であるEco & Employmentを実現してまいります。

コンプライアンス

  • 情報セキュリティ
  • 法務勉強会

お客さまに対して

  • サービス品質向上
  • CSH
  • CSアンケート
  • ディリー顧客要望

従業員に対して

  • ES
  • コミュニケーション
  • ワークライフバランス
  • 全社改善案
  • 人権尊重
  • キャリア支援

Employment

  • ダイバーイン雇用
  • 女性・シニア・外国籍の活躍
  • 障がい者雇用

Eco

  • ボランティア活動
  • エコ活動

CSR基本メッセージ

自分以外の誰かのために自分の強みを活かして全力で取り組むこと、それがアイエスエフネットグループの使命です。

社会貢献に向けて

雇用の創造

アイエスエフネットグループの大義はダイバーイン雇用(30大雇用)の実現です。この雇用実現のために常に高い山に挑んでまいります。
高い山を目標にすれば、それより低い山が楽に思えるかもしれません。
アイエスエフネットグループのすべてのメンバーは、この雇用が実現できるまで決して諦めることなく、ど真剣に継続をしてまいります。さらにこのダイバーイン雇用を全国に展開してまいります。たくさんの笑顔、希望を作ることがアイエスエフネットグループの夢です。

ダイバーイン雇用とは、アイエスエフネットグループが「ダイバーイン雇用」と定義(下記)する、さまざまな事情で就労が難しいとされる方々に対して、安心して働ける環境を創造し提供する取り組みのことです。

ダイバーイン雇用:
ニート・フリーター 、FDメンバー(Future Dream Member※)、ワーキングプア、引きこもり、シニア、ボーダーライン(軽度な障がいで障害者手帳を不所持の方)、DV被害者、難民、ホームレス 、小児がん経験者、ユニークフェイス(見た目がユニークな方) 、感染症の方、麻薬・アルコール等中毒経験者の方、LGBT(性的少数者)、養護施設等出身の方、犯罪歴のある方、三大疾病、若年性認知症、内臓疾患、難病、失語症、生活保護、無戸籍、児童虐待の被害者、破産者、父子家庭・母子家庭、記憶障がい、就労国の言語ができない かつ 専門スキルがない外国人、不妊治療中の方、その他就労困難な方(介護中の方)

※アイエスエフネットグループでは障がいのある方を「未来の夢を実現するメンバー」として、FDメンバー(Future Dream Member)と呼称しています。

家族、従業員、お客さま

アイエスエフネットグループの信条は、“親を大切にし、家族を大切にし、仲間を大切にし、そして部下(後輩)を大切にする”です。この気持ちを持ち続けるために“足るを知り、利他の心”で行動できる人財の育成を行っております。自分の行動の目的が自分以外の誰かのためであるとき、人は大きな力を発揮します。

“与え勘定を増やすために日頃から努力をして、なにかあったら自分が本来もつ優しさを存分に発揮できたらどんなに素晴らしいことだろう”といつも思っております。
自分が何かをしてもらった人に感謝をするという当たり前のところから、今生きていることに感謝をするレベルへ、そしてさらに社会のために何かをするというわれわれの目指すゴールに向けて、常に人格形成のために研鑽を積み人間的成長をして参りたいと思っております。

健康で明るい未来の創造

アイエスエフネットグループのスローガンは、“健康の追求”です。
やりがいや感動は健康を作ります。だからアイエスエフネットグループではこのやりがいや感動をたくさん作ってまいります。“自分以外の誰かのために自分の強みを生かして全力で取り組むこと”でやりがいが生まれ、そしてそれにより希望が生まれることを実感し、人は深い感動を覚えます。

その実感を継続すれば、それは確信に変わり、そしてそれが信念まで落とし込めれば、習慣となります。やりがいを感じながら、人のために当たり前のことを当たり前に継続するための方法は、それを日々の習慣にすることなのです。
“人の笑顔に触れ、いつもわれわれは感動を常に味わいたい”
“そんな素晴らしいことをみなで共有したい”と考えております。
アイエスエフネットグループ全従業員の健康で明るい未来のために、今日もど真剣に取り組んでまいります。

ダイバーシティ

アイエスエフネットグループの社是は“調和と進化・発展”です。
多様性(ダイバーシティ)での就労環境とは、さまざまな背景を持つ方々が互いに尊重しあい、能力を発揮し、自身の持つ可能性を高める環境です。これは人が本来持つ“相手との違い、相手の弱みを感じてお互いに助け合うという本能を発揮できる環境”でもあります。
そのような環境が実現できれば、人は自然に自分目線から相手目線に変わることができ、相手目線での行動が多くの幸せを創ってゆきます。だからこそアイエスエフネットグループでは多様性(ダイバーシティ)での就労環境の実現を推進してゆくのです。

アイエスエフネットグループ
代表 渡邉 幸義

CSR基本方針

アイエスエフネットグループは、「調和と進化・発展」を企業理念として掲げ、「アイエスエフネットグループにかかわる全ての人々の環境の創造と幸せの追求」、 「地域社会、グローバルな社会への貢献」を実現し、企業の社会的責任を果たしてまいります。

またアイエスエフネットグループは、「Eco & Employment(E&E)」の大義のもと、環境の保護と雇用の創造を会社の大義としてとらえ活動してまいります。 アイエスエフネットグループは、これらの実現のため、下記に掲げる事項を実施してまいります。

  1. コンプライアンスと 哲学・理念に基づいた行動を取ることを当社社員の守るべき約束と定義し、法令遵守の徹底を実現するためのリスクアセスメントおよび不正防止のチェック体制を構築することにより、日々の継続的改善を徹底し、コンプライアンス経営を実施してまいります。
  2. お客さまへ提供するサービスの品質を維持・保証するための品質マネジメントシステム(QMS)を構築することにより、サービス品質基準の定義と高品質・高付加価値なサービスの追及に努めてまいります。
  3. お客さまおよび当社の情報資産を適切に保護することを社会的責務と考え、これらを保全する情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築することにより、これら情報資産の機密性、完全性、可用性を確保し、ISMSの維持・向上に努めてまいります。
  4. 地球規模で進行する温暖化の状況を省み、利益追求のために自然を破壊する行為を禁ずると共に、環境マネジメントシステム(EMS)を構築することにより、当社の行う全ての活動において環境の汚染の予防と継続的な改善を実現してまいります。
  5. 様々な境遇の方が働けるダイバーシティな環境を創造し、雇用創出のための活動を展開することによって、1人でも多くの方々に「働くことの喜び」と「生き甲斐の発見」を提供し、この課題に対して真摯な姿勢で取り組んでまいります。