イベント

SPmenu

オンラインや各地会場にて、
さまざまなイベントやセミナーの開催を予定しております。

リモートワーク課題解決セミナー
~安全・快適なリモートワークを実現するMicrosoft 365の活用方法~

Azure黎明期から多くの企業へのコンサルティングを手掛けてきたCloudliveと、 Microsoft 365の導入支援で数多くの実績をもつアイエスエフネットが贈る、課題解決のヒントが詰まったオンラインセミナーです。
リモートワークにおいて課題が山積している昨今、Microsoft 365とAzure Active Directoryを用いた解決策について、最前線で活躍するエンジニアが登壇し、多くの企業でのリモートワークの実情や、課題解決策を解説します。

コロナ禍でリモートワークが一般的となり早一年、世の中ではそれぞれの事業に最適な「リモートワークのかたち」を、多くの企業が模索しています。

「ファイル共有を簡単にして業務を効率化したい」
「リモートワークで社員間のコミュニケーションが少なくなってしまった」
「セキュリティ対策を万全にして情報漏洩を防ぐにはどうしたらいいのだろう」
様々な課題が浮上した一年ですが、課題解決のためにクラウドサービスへの切り替えが急速に進み、今後の利便性が飛躍しました。

その一方で、クラウドサービスは膨大な数が提供されており、「クラウドに移行したいがどれを選べばいいのか…」とIT担当者の悩みは尽きません。

今回のセミナーでは、安全、快適なリモートワークの実現のために「Microsoft 365」をキーワードとしたセミナーを2部構成で開催します。
多くの現場を見てきた経験豊富なエンジニアだからこそ言える、リモートワークの課題解決法をお届けいたします。

お申込みlink

内容

14:00~14:05
【開会のご挨拶】

14:05~14:55
【第1部】快適なリモートワークを実現する為に
– リモートワークの実情とMicrosoft 365のソリューション –

登壇者:株式会社アイエスエフネット 塚原 諒平

Microsoft 365の導入支援で多数の実績を持つアイエスエフネットで、若くしてプロジェクトマネージャーを務める塚原が、これまでの経験を元にリモートワークの実情について講話します。
Teams、SharePoint、OneDrive、PowerAutomateなど、Microsoft 365の機能を活用した、 リモートワーク課題の解決策をお伝えする、IT担当者必見の内容です。

14:55~15:25
【第2部】リモートワークでも安全に仕事をしたい!
– Microsoft 365 の認証基盤が実現する セキュアなリモートワーク –

登壇者:Cloudlive株式会社 足利 惟 氏

多数のMicrosoft MVP for Azure受賞者を擁するCloudliveから、 Azureコンサルタントとして多くの実績を持ち、自身もMVP受賞を受けた足利氏が登壇決定しました。
Azure Active Directoryを用いた、セキュアなリモートワークを実現する認証基盤についてご紹介します。

15:25~15:30
【閉会のご挨拶】

概要

開催日時

2021年5月18日(火) 14:00~15:30

開催形式

オンライン開催(Zoomにて開催を予定)

対象

定員

300名

持ち物

なし

参加費

無料(事前登録制となります)

主催者情報

共 催

協 賛

当セミナー担当窓口

「リモートワーク課題解決セミナー」運営事務局
TEL:03-5786-2301
E-mail:ep2-info@isfnet.com

お申し込み注意事項

このセミナーは、ZoomによるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
視聴URLは、開催前日にご登録のアドレス宛にメールでお知らせします。
※お申し込み後のキャンセルは、ep2-info@isfnet.comまでご連絡をお願いいたします。
※このセミナーの運営事務局を担当する、株式会社アイエスエフネットよりご連絡をいたしますので、ドメイン名(@isfnet.com)からのメールを受信できるようにしてください。
お申し込み時にご記入いただいた電話番号に、セミナー当日、株式会社アイエスエフネットより、接続不良の方にご連絡させていただく場合があります。
※講演者の企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づきご参加をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※講演者の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、セミナーを中止する場合があります。この場合は、別途、主催者からご連絡させていただきます。

お申込みlink