日別アーカイブ: 2015年6月10日

「就労困難者の雇用創造」月刊WAM

独立行政法人福祉医療機構が発行する「月刊WAM」6月号に、NPO法人FDAで理事を務める成澤の記事をご掲載いただきました。

◆月刊誌「WAM」のごあんない WAM 福祉医療機構

「就労困難者の雇用創造~制度とビジネスを活用した多様な働き方の実現~」と題し、アイエスエフネットグループの事業紹介や、引きこもりや生活保護受給者など、一般的に就労が困難とされる方々の就労支援に取り組むNPO法人FDAを取り上げていただいております。

20141009_FDA_gokazoku_01

また、紙面でもご紹介されていますが、成澤は生まれつき網膜色素変性症という視覚を徐々に失う難病を抱えながら、埼玉県立大学保健医療福祉学部を7年間かけて卒業し、大学在学中には2年間の引きこもりや挫折も経験しています。
また、ウィルス性髄膜炎とてんかんを患いながらも見事復活したという経験もあり、自身の経験を活かし常に当事者の立場で取り組んでくれています。

FDAでは、ご本人やご家族とお話をする機会を定期的に設けておりますので、少しでも関心をお持ちになりましたら、ぜひご参加いただければと想います。

◆NPO法人FDA

太陽と月プロジェクト

先日、NPO法人AlonAlon様が中心となって活動されている「太陽と月プロジェクト」への応援メッセージを寄稿させていただきました。

「太陽と月プロジェクト」とは、障がい者の方が手がける商品を広め、更なる障がい者雇用の促進、そして工賃の向上を目指すというものです。
また、アーティストや企業、政治家の方々が参加した、“誰もが排除されない、排除しない「まぜこぜの社会」”を目指すプロジェクトでもあります。

当グループも就労が困難とされる方々の雇用を創出する上で様々な課題に取り組んでまいりました。
雇用創出は企業だけの問題ではなく、社会全体で取り組むことが重要と考えています。

この「太陽と月プロジェクト(http://www.alon-alon.org/sun-moon/)」は、障がい者雇用を促進させていく上で、大変意義のある活動であると想います。
皆様も是非、ご賛同いただければと想います。

◇活き活きと働くFDメンバーやスタッフの皆さん(「佐賀県たくみ農園食堂」にて)
saga_kitchen_01

◆太陽と月プロジェクト-推薦のことば
http://www.alon-alon.org/sun-moon/testimonial/
◆NPO法人AlonAlon
http://www.alon-alon.org/
◆太陽と月プロジェクト
http://www.alon-alon.org/sun-moon/

東北EGAO(えがお)便

農業生産法人「あすファーム松島」では、そこで働くFDメンバーが丹精こめて作った野菜を、産地直送の宅配定期便サービス「東北EGAO(えがお)便」として、全国各地へお届けしています。

「あすファーム松島」は、宮城県は松島町の農業従事者、および株式会社アイエスエフネットをはじめとした民間企業との共同出資により、農業と福祉が連携した法人として2014年1月に設立され、アイエスエフネットライフのFDメンバーが毎日イキイキと農作業に従事しています。
毎月届く「東北EGAO(えがお)便」には、季節の野菜の他にも地元のさまざまな加工品などが入っており、「届くのが楽しみだ」といった喜びの声も届いております。

20150202_EGAO

丁寧に箱に入っている野菜を見ていると、松島町の畑やハウス内の作業場の光景、そしてFDメンバーが一生懸命心を込めて箱詰めをしている姿が目に浮かび、とても温かい気持ちになれるのです。

彼らの雇用を守り、一人でも多くの方の笑顔のために、更に広げていかなければと想います。

◇東北EGAO便を箱詰めするFDメンバー
EGAO_BIN_1

◇あすファーム松島訪問にて
2013091211

 

◆あすファーム松島
http://asu-farm.com/

◆株式会社あすファーム松島設立
https://www.isfnet.co.jp/release/2014/0120.html