トップページ >  ソリューション&サービス一覧  >  グローバル >  グローバル企業向けオンサイト保守サービス

グローバル企業向けオンサイト保守サービス

日本への拠点展開で短期間・低コストで情報システム体制が実現可能!

当社は日本語、英語、中国語、韓国語など多言語に対応し、グローバル展開を推進する企業のサポートを行います。
日本にIT拠点を持たないグローバル企業のお客様のIT運用・保守を全国オンサイトにて対応いたします。お客様の海外拠点との連絡や報告も含めて対応いたします。
ITではヘルプデスクやサーバ保守、インフラ構築・運用、プログラム開発をはじめ、幅広い言語対応を活かし、翻訳や通訳のマルチリンガルサービスも提供しております。

サービスパターン1(弊社がヘルプデスクから請け負う場合)

  グローバル企業向けオンサイトサービスパターン1

サービスパターン2(お客様がヘルプデスクを運用する場合)

  グローバル企業向けオンサイトサービスパターン2

・お打ち合わせから契約書の締結まで、すべて英語の対応が可能です。
・お問合せには専門知識を持っているエンジニアがマルチリンガルで対応します。

保守対象製品

・パソコン、プリンターおよび周辺機器
・POS
・Sun製品
・Cisco機器
・その他機器:
    EMC、HP、IBM、DELL、ORACLE、
    F5(Big-IP) etc.

導入事例


1.内容

お客様
外資系グローバルITソリューションベンダー様(アジアパシフィックが拠点)

エンドユーザー様
大手外資系グローバル企業日本各拠点
最初のエンドユーザー様は、外資大手化学メーカー(2010年)
現在、4社のエンドユーザーが対象。(2013年)

対応時間
9:00 〜 18:00 / 9:30 〜 18:30 (エンドユーザー様ごとに違いあり)

業務内容
オンサイト・インシデントチケット管理、オンサイト日程調整、エンジニアアサイン、オンサイト対応
内容

2.対応
お客様サービスデスクが、エンドユーザ様からのPCに関したトラブル、セットアップ依頼の一時受け(電話対応・リモート対応・切り分け)を行う。(インシデントの発生)
お客様サービスデスクにて、インシデントがオンサイト対応が必要と判断された場合は、当社へ対応依頼をチケットを使って行なう。日本語・英語双方での受付が可能。
当社にて、インシデント(チケット)内容を確認し、エンドユーザ様とオンサイト日程を調整する。
決まったオンサイト日程に対応可能なエンジニアをアサインする。
オンサイト日程・設定時間に合わせてエンジニアが現地へ駆けつけ、オンサイト対応を実施する。
対応を通してインシデントチケットを更新し、クローズまで持っていく。


3.効果
お客様は、海外より英語で弊社に依頼が可能。
日本に拠点を持たないITソリューションベンダー様が、エンドユーザー様の日本拠点のサポートを強化する事が出来る。(付加価値向上)
日本全国各地のトラブルに対して、オンサイト対応をする事が可能。
オンサイト対応のトラブルだけを、アイエスエフネットが、受け持つ事でトラブル対応のトータルコストが抑えられる。
インシデント(発行チケット)数による費用なので固定費が抑えられる。
(注:拠点数により、最低ベース価格の設定有り。)
日本を熟知した技術者が、確実に標準手順を行なう。想定外のトラブル発生であっても、アイエスエフネットのバックエンドサポートエンジニアの支援によって現場に合わせての対応が可能となる。


関連ソリューション&サービス