先輩たちの初めての仕事とは

アイエスエフネットでは、お客さま先に常駐して活躍している先輩方がたくさんいらっしゃいます。そのなかには、入社時点ではITの知識や経験がまったくなく、他の業界から転職してきた方もいます。誰にとっても初めて参加するプロジェクトの現場は緊張や不安があると思いますが、無知識、経験がない方にとってIT関係の会社で社員として働くのは特に緊張すると思います。

先輩たちに少しだけ、アイエスエフネットでの最初の仕事の体験談をうかがってみました。

めてのITのお仕事は?

2018年に入社したばかりの、Iさんの初めてのお客さま先でのお仕事は、データ整理やファイル作成を行うといったものでした。
当時のIさんは、大量のデータを整理できる知識がないことや、ソフトウェアの使用経験がないうえに、技術者に囲まれて行う仕事に緊張と不安でいっぱいだったそうです。

しかし、現場に行くとお客さまがIさんのことを理解してくださり、徐々にITの知識の理解が深まり、LPICの資格習得にもつながったそうです。そして、今もお客さま先の大事な戦力として当初の予定よりも長くその現場で働いています。

また、外国籍の男性技術者のBさんはグローバル企業向けのコールセンターが初めてのお仕事先でした。主に英語でくるお問い合わせメールへの返信や必要があれば、専門部署へ電話を繋ぐというものです。

初めは分からなかった専門用語が徐々に身につき、さまざまなトラブルへの対処方法も理解できるようになってきたそうです。また、国際色豊かな環境にいるので多様な考え方や背景を持った人との仕事の進め方も学べ、今も各国の方のトラブルを解決しています。

男性技術者のLさん場合は、ネットワークのオペレーターが最初の仕事でした。アイエスエフネットでの研修を修了後、配属先での2カ月の研修と研修内容の審査に合格して、現場で訓練を重ねていったそうです。短期間に大量の知識の習熟が必要になったのですが、現場の方々のサポートはもちろん、担当の営業さんがショートメールや実際にお客さま先に来て面談していただいたり、同時期に他の会社からお客さま先へ入った方と支えあうことで、不安な時期を乗り越えられたそうです。今ではネットワーク保守のオペレーターとして活躍しています。

とめ

複数人のチームでアイエスエフネットからお客さま先へ行っていても、まったく同じ仕事をするとは限らず、自分だけの貴重な経験を積むことができます。

今回ご紹介した3人が共通してこころがけていることは、コミュニケーションや周囲を思いやる気持ちです。ITの現場でも、この2つの要素がとても大切です。

どこの現場もチームで動いており、個人で黙々と進める仕事はありません。なので、勝手な判断や少しのミスが大きなインシデントになったり、報告漏れがクレームに繋がることもあります。

そこで、アイエスエフネットでは、コミュニケーション能力と人間力を伸ばすために、ビジネスマナー講義のみならず、仕事を行ううえでの姿勢や心構えを伝えるため、理念や大義、信条、哲学などを積極的に研修に取り入れています。

最近では、新入社員研修の期間を延ばすことで、よりお客さま先で活躍できる人財の育成に注力しています。興味のある方は、ぜひ採用サイトでチェックしてみてください。
http://www.isfnet-recruit.com/aboutus/training.html

※掲載内容は発行当時の情報で、変更する可能性もございます。何卒、ご了承ください。