トップページ >  CSR >  社会と共に >  社会的企業

社会的企業


社会的企業とは

雇用問題や環境問題をはじめ少子高齢化、障がい者、女性、地球環境、貧困、ホームレス、青少年教育、コミュニティ再開発、途上国支援など、解決されなければならないさまざまな社会的課題に対して、ビジネスの手法を用いて、その解決を目的とする事業体です。

アイエスエフネットグループの原点

アイエスエフネットグループがEco&Employmentを掲げ、社会的企業を目指す原点。
それは当社代表 渡邉幸義が経験した、この出来事からはじまります。
私が26歳のとき、母は脊髄の病気にかかり、ほとんど半身不随になりました。60歳にもなっていなかったのに、這ってトイレに行くような状態でした。いろいろな病気に行きましたが、どこも治せません。私はつらそうな母をみるたびに悲しくなり、自分の無力さを嘆きました。絶望的な状況の中、すがるような気持ちで知人に紹介された東京の病院に行きました。始めて会った医師は、私にひとこと、「渡邉君、お母さん治るよ」と言ったのです。そのときの喜びはなんと表現してよいかわかりません。あきらめかけていた母の病気が治る!絶望を希望に変えてくれた医師が、神様のように見えました。そのとき「これだ!」という思いが突然、湧いてきました。「私も、絶望に直面している人に希望を与える人間になりたい」と心の強く底から思ったのです。
これを機に、Employment(雇用の創造)を大義のひとつに掲げました。
現代の社会な問題となっている雇用問題において「すべての人々がやりがいをもって働ける環境」を実現すべく、雇用の創造を追求してまいります。

30大雇用実現に向けて

設立当初より、E&E(Eco&Employment)の大義のもと、5大採用を実現し、さらに30大雇用へと拡大していくアイエスエフネットグループ。
現在に至るまでの”雇用の創造”の取り組みについて、ご紹介いたします。



ソーシャルエンタープライズ(社会的企業)ビジョン


        目標・ソーシャルエンタープライズ(社会的企業) 社会的課題である、あらゆる雇用問題について持続可能な事業活動をもって解決していきます。
ソーシャルファームの取り組みはこちら