トップページ >  CSR >  社会と共に >  30大雇用の取り組み

30大雇用の取り組み


アイエスエフネットグループは、様々な境遇の方の働く環境を創造し、雇用創出のための活動を展開しております。

特に、当グループが「30大雇用」と定義する方達に対して、安心して働ける環境を創造し提供することによって、 1人でも多くの方々に「働くことの喜び」や「生き甲斐の発見」をしていただく為、 アイエスエフネットグループ全従業員は懸命に考え、この課題に対して真摯な姿勢で取り組んでいきます。

当グループでは、30大雇用(自己申告による)の30項目に該当される方に対して、これらの項目を理由に採用の合否を決定いたしません。その方の履歴書や過去は重視せず、未来への意識を持った方、当グループの倫理やCSHの習得に向けて努力をして頂ける方の採用を行っております。

ニート・フリーター・引きこもりの方の雇用について

以前までIT業界では、新卒以外の未経験者の採用は ほとんど行われておりませんでした。しかし、アイエスエフネットグループでは創業以来、業界未経験者の積極的な採用を行い、 今ではその数1,000名を超えております。 入社後における無知識・未経験者を対象としたIT教育及びビジネスマナー教育制度の適用により、前職がIT未経験であった多くの社員が、現在ではITエンジニアとして活躍しております。
アイエスエフネットグループは未経験者採用・人材育成のパイオニアとして、「1人でも多くの方にIT業界への門戸を」、という想いで、人材の雇用創出を行っております。


場所・時間に制約のある方の雇用について

アイエスエフネットでは育児や介護に従事する社員が安心して働ける環境を整備する為に、育児に関しては年間5日間の子の看護有給休暇の制定、1日2時間を限度とする育児短時間 勤務の制定(ともに対象は小学校卒業までの子)、介護に関しては1日2時間を限度とし、通算1年間までの介護短時間勤務制度の制定など法定を上回る様々な制度を導入しております。
その結果、出産・育児を理由として離職する社員は少なく、2009年度では育児休業を取得した社員が100%復職をしております。社員一人ひとりがやりがいを持って仕事をし、人生の段階において直面する育児や介護といった局面においても、自らにとってベストな選択ができるように、アイエスエフネットでは、社員の支援をしてまいります。

また現在日本では、介護や育児は深刻な社会問題になっております。当社は、この社会問題を何とか解決したいと考え、平成21年7月1日、株式会社アイエスエフネットの子会社として株式会社アイエスエフネットケアを設立いたしました。アイエスエフネットケアでは、基本的には在宅勤務が可能な業務にて、事業を進めております。1日8時間、1週間5日の勤務ではなく、もっと自由な時間を持ち、自分がやりたいことに 時間を使いたいと考えている方にも、アイエスエフネットケアは雇用の場を提供しております。その他、当社では育児や介護以外の様々な境遇の方に対しても業務切り出しを積極的に行い、「FDO(Future Dream Operation)室」で上記実現のための環境創出を実現しております。


障がい者雇用について

アイエスエフネットグループは障がい者雇用促進の為、ITの活用により皆のアイデアを結集し、決して諦めることなく障がいのある方の強みを活かし、必ずや「夢」と「喜び」のある就業環境の創造を実現するように日々取り組んでおります。
また、平成20年1月15日、当社子会社として株式会社アイエスエフネットハーモニーを設立し、3月に特例子会社の認定を得ました。 アイエスエフネットハーモニーでは精神障がい・身体障がい・知的障がい等、様々な障がい者が離職することなく働いております。 「毎日きちんと業務に取り組むこと」を継続し、習慣化をすることにより、従業員の環境を守り、障がい者の方に関しても健常者と 同じ待遇を用意することが可能になります。 当社では、障がい者の方に対して健常者と同じ待遇を提供することを目指しております。

※アイエスエフネットグループでは、"未来の夢を実現するメンバー"というという意味を込め、
   障がい者の方を、「FDM(Future Dream Member)」と呼称しております。
   アイエスエフネットグループは、社内外の多くの賛同者の下、全従業員が一致団結で協力
   し、‘夢’と‘喜び’のある就業環境を実現してまいります。

アイエスエフネットグループ 障がい者雇用状況
種類 精神障がい 身体障がい 身体障がい
(重度)
知的障がい 知的障がい
(重度)
合計
対象者 62名 39名 18名 18名 5名 142名

(2016年6月現在)



東日本大震災での雇用対策

アイエスエフネットグループの東日本大震災での雇用対策につきましては、こちらよりご確認ください。⇒