トップページ >  CSR >  ISFnetグループのCSR >  代表メッセージ

代表メッセージ


CSR憲章

当社は社会的企業として、ステークホルダーに対しての責務を果たすため、下記取り組みを推進し、アイエスエフネットグループ大義であるEco & Employmentを実現してまいります。

CSR憲章


CSR基本メッセージ

“自分以外の誰かのために自分の強みを活かして全力で取り組むこと、それがアイエスエフネットグループの使命です。”



社会貢献に向けて

雇用の創造
アイエスエフネットグループの大義は30大雇用【ニート・フリーター 、FDメンバー(Future Dream Member) ※、ワーキングプア、引きこもり、シニア、ボーダーライン(軽度な障がいで障害者手帳を不所持の方)、DV被害者、難民、ホームレス 、小児がん経験者、ユニークフェイス(見た目がユニークな方) 、感染症の方、麻薬・アルコール等中毒経験者の方、LGBT(性的少数者)、養護施設等出身の方、犯罪歴のある方、三大疾病、若年性認知症、内臓疾患、難病、失語症、生活保護、無戸籍、児童虐待の被害者、破産者、父子家庭・母子家庭、記憶障がい、就労国の言語が出来ない 且つ 専門スキルがない外国人、不妊治療中の方、その他就労困難な方(介護中の方)※アイエスエフネットグループでは障がいのある方を「未来の夢を実現するメンバー」として、FDメンバー(Future Dream Member)と呼称しております。】 の実現です。この雇用実現のために常に高い山に挑んで参ります。

高い山を目標にすれば、それより低い山が楽に思えるかもしれません。
アイエスエフネットグループのすべてのメンバーはこの雇用が実現できるまで決してあきらめることなく、ど真剣に継続をして参ります。さらにこの30大雇用を日本全国に展開して参ります。そして全世界にも展開して参ります。たくさんの笑顔、希望を作ることがアイエスエフネットグループの夢です。

家族、社員、お客様
アイエスエフネットグループの信条は、“親を大切に家族を大切に仲間を大切に部下後輩を大切に”です。この気持ちを持ち続けるために“足るを知り、利他の心”で行動できる人材の育成を行っております。自分の行動の目的が自分以外のところにあるとき、人は大きな力を発揮します。

“与え勘定を増やすために日頃から努力をして、なにかあったら自分が本来もつ優しさを存分に発揮できたらどんなに素晴らしいことだろう”といつも思っております。
自分が何かをしてもらった人に感謝をするという当たり前のところから、今生きていることに感謝をするレベルへ、そしてさらに社会のために何かをするというわれわれの目指すゴールに向けて、常に人格形成のために研鑽を積み人間的成長をして参りたいと思っております。

グローバル展開
アイエスエフネットグループの判断基準は、
“そのことは人のためになっているか?”
“そのことは人として正しいことか”
であり、“国籍、年齢、男女等”に関係ないものを基準として参りました。
現在4カ国の海外支社を2010年には7カ国へ、さらに2020年までに34カ国まで展開して参ります。各国が持つ強みを仕組み化し付加価値を作りそれにより雇用を生み出してまいります。

さらに各国が抱える問題をグローバル展開することでカバーする仕組みを構築して参ります。
特に自然環境保護の観点からの活動は全社あげて対応して参ります。
現在海外4支社すべて清掃活動等のボランティア活動に取り組んでおります。
企業だからできること、企業として掲げる“不変の”の判断基準で国を超えてコラボレーションして参ります。

健康で明るい未来の創造
アイエスエフネットグループのスローガンは、“健康の追求”です。
やりがいや感動は健康を作ります。だからアイエスエフネットグループではこのやりがいや感動をたくさん作って参ります。“自分以外の誰かのために自分の強みを活かして全力で取り組むこと”でやりがいが生まれ、そしてそれにより希望が生まれることを実感し、人は深い感動を覚えます。

その実感を継続すれば、それは確信に変わり、そしてそれが信念まで落ちれば、習慣となります。やりがいを感じながら、人のために当たり前のこと当たり前に継続するための方法はそれを日々の習慣にすることなのです。
“人の笑顔に触れいつもわれわれは感動を常に味わいたい。”
“そんな素晴らしいこと”をみなで共有したい。と考えております。
アイエスエフネットグループ全従業員の健康で明るい未来のために今日もど真剣に取り組んで参ります。

ダイバーシティ
アイエスエフネットグループの社是は“調和と進化・発展”です。
多様性(ダイバーシティ)での就労環境とは、様々な背景を持つ方々が互いに尊重しあい、能力を発揮し、自身の持つ可能性を高める環境です。これは人が本来持つ“相手との違い、相手の弱みを感じてお互いに助け合うという本能を発揮できる環境”でもあります。
そのような環境が実現できれば、人は自然に自分目線から相手目線に変わることができ、相手目線での行動が多くの幸せを創ってゆきます。だからこそアイエスエフネットグループでは多様性(ダイバーシティ)での就労環境の実現を推進してゆくのです。


アイエスエフネットグループ
代表  渡邉 幸義