トップページ >  書籍・DVD紹介 >  オーディオブック

オーディオブック


ひきこもりゼロの社会はつくれる
渡邉 幸義/著
販売価格:1,500円   発行日:2011年6月24日
ISBN:978-4-86119-177-0
内容紹介

親の高齢化、雇用状況の悪化などで今後深刻さを増すと予想される「ひきこもり」問題。障がい者などに比べ就労、社会復帰が困難といわれる「ひきこもり」も、受け入れる仕組みさえ整えれば企業で雇用し、戦力として育てることもできる。障がい者のみならずひきこもりやニートの雇用で話題のアイエスエフネット・渡邉社長が、自ら実践してきた「ひきこもり」社会復帰のための方法を語る。
    part1 なぜ「ひきこもり」の就労は難しいのか
    part2「社員=家族」ととらえれば課題は乗り越えられる
    part3 ソーシャル・ファームで「ひきこもり」社会を変える



社員みんながやさしくなった
渡邉 幸義/著
定価:1,470円   発行日:2010年10月18日
判型:46判   頁数:256頁    ISBN:978-4-7612-6712-4
内容紹介

ハンディが大きい障がい者の雇用を2020年までに1000人、月給25万円の給料を払うと宣言している会社がある。
全国に事業を展開し始めたこの会社の強い思いとビジネスの仕組みは各社の注目を集め、毎月の事業説明会は増える一方。
本人と家族に喜ばれ愛される会社のあり方は、業界・規模を超えて経営を見直す原点となる。



「未来ノート」で道は開ける!
渡邉 幸義/著
定価:1,365円   発行日:2008年7月24日
頁数:214頁    ISBN:978-4-8387-1890-0
内容紹介

大学卒業後、某有名外資系コンピュータ会社に就職した著者は、入社早々に“落ちこぼれサラリーマン”のレッテルを貼られてしまった。以来、3年近く無為な日々を送っていたが、意を決して上司に提出した辞表を固辞されたのをきっかけに、1冊のノートをつけ始める(1989年3月)。それは、著者の愛読書でもあったデール・カーネギーの古典的名著『道は開ける』に書かれた「今日1日のくぎりで生きる」の思想に触発されたものだった。
以来19年、1日も欠かさずノートを書き続け、現在220冊を数えるまでになった。その間、通信システム(IP)のエンジニア育成&派遣会社を起業し、現在では「従業員1900名、年商80億円、海外4拠点のグローバルIT企業」にまで成長させた。その成長の源が「未来ノート」である。これは、従来の「過去」に向けてのノートではなく、「未来」へ向けたシミュレーションノート。それを書き続けることによって「今日1日を生ききれば夢は必ずかなう」を実践してきた。そんな「夢をかなえるノート」のマル秘メソッド初公開!