タグ別アーカイブ: 美点凝視

「美点凝視の経営」第三章

先日は、私の6冊目の著書「美点凝視の経営」(2012年9月7日発売)より「第二章」をご紹介させていただきましたが、今日はその「第三章」をご紹介させていただきます。


◆美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く : Amazon

「美点凝視の経営」では、障がいのある方を含め一般的に就労が困難とされている方々の雇用に関し、アイエスエフネットグループの取り組みや想い、そして、私の夢などについて書かせていただきました。

第三章は『障がい者雇用実現のために』と題し、一般的に就労が困難とされている方の就労支援を始めたきっかけや、障がいのある方の雇用を目的に設立したアイエスエフネットハーモニーの立ち上げに関わるエピソード、また、当グループの取り組みや哲学など、具体的な内容をご紹介させていただいています。

===============
創業当初、たまたま雇用することになった引きこもりの青年から始まり、今や、※二十大雇用を目指すまでになりました。
これまで障がい者の雇用実現のために、何もわからないままでしたが、さまざまな工夫をしてきました。
その結果、社員の意識も、働き方も大きく変わっていきました。
しかも驚くことに、それらすべてプラスに働いているのです。

「美点凝視の経営」第三章 障がい者雇用実現のために より
※現在は三十大雇用となっています。
===============

当グループでは雇用創造のための取り組みとして、優先度やセキュリティレベルを考慮しながら一連の業務を細分化し切り出す“ドリームポイント制度”や“NTA(Nano Tasking Approach)”、一般的な役職のような上下の組織の他に家族主義の発想を元に、情報共有の強化・メンバー支援・自己啓発を目的とした組織体である“CORE制度”、また、がんばった人をきちんと評価し定期的に称える“ほめーる”など様々な仕組みがありますが、どんなに素晴らしい取り組みをしていても継続できなければ意味がないと考えています。

高い志の元、“やりがい”のある仕事をしながら、健全な会社運営で利益を出し継続すること、つまり“理想と利益のバランス”が大切なのではないでしょうか。

次章では、様々な取り組みの中、就労困難者の雇用において何が一番重要なのかなど、ご紹介させていただきます。

◆書籍 アイエスエフネット(ご購入はこちらから)
http://www.isfnet.co.jp/books/book_index.html

◇ほめーる授与の様子
20160512_Lunch_FDA_Homeru_01