タグ別アーカイブ: アイエスエフネットハーモニー

9月30日「ハーモニーご家族と語る会」開催のお知らせ

アイエスエフネットグループでは、一般的に就労が困難とされる方の雇用において、親御さんと共に手を取り合って取り組むことがとても重要だと考え、皆さまとお話をする機会「ご家族と語る会」を定期的に開催しております。

9月30日には、アイエスエフネットハーモニー中野本社にて「ご家族と語る会」を開催させていただく予定となっており、「アイエスエフネットグループが親御さんとかかわりたいという想い」などについてお話しさせていただくほか、ご家族が企業に対して疑問に思っていることを直接ご質問していただければと想います。

また、実際に障がいのある社員がどのように働いているのか、現場をご見学いただく時間も予定しておりますので、ぜひ足をお運びください。

◇6月のご家族と語る会の様子
20160624_Harmony_Gokazoku_01

=================
■アイエスエフネットハーモニー ご家族と語る会

【日時】
9月30日(金) 10:00~12:00

【開催場所】
アイエスエフネットハーモニー中野本社
東京都中野区新井1-9-1 中野区立商工会議所1階

【スケジュール】
10:00 ハーモニー紹介 現場見学
10:40 アイエスエフネットが親御さんとかかわりたいという想い
11:30 質疑応答

【詳細・お問い合わせ】
・アイエスエフネットハーモニーご家族と語る会
http://www.isfnet-harmony.co.jp/gokazoku.html

※都合により急遽、登壇者やスケジュールなど変更となる場合がございますので、ご了承ください。

7月29日「ハーモニーご家族と語る会」開催のお知らせ

アイエスエフネットグループでは、一般的に就労が困難とされる方の雇用において、親御さんと共に手を取り合って取り組むことがとても重要だと考え、皆さまとお話をする機会「ご家族と語る会」を定期的に開催しております。

7月29日には、アイエスエフネットハーモニー中野本社にて「ご家族と語る会」を開催させていただく予定となっており、「アイエスエフネットグループが親御さんとかかわりたいという想い」などについてお話しさせていただくほか、ご家族が企業に対して疑問に思っていることを直接ご質問していただければと想います。

また、実際に障がいのある社員がどのように働いているのか、現場をご見学いただく時間も予定しておりますので、ぜひ足をお運びください。

◇5月のご家族と語る会の様子
20160527_Harmony_Gokazoku_02

=================
■アイエスエフネットハーモニー ご家族と語る会

【日時】
7月29日(金) 10:00~12:00

【開催場所】
アイエスエフネットハーモニー中野本社
東京都中野区新井1-9-1 中野区立商工会議所1階

【スケジュール】
10:00 ハーモニー紹介 現場見学
10:40 アイエスエフネットが親御さんとかかわりたいという想い
11:30 質疑応答

【詳細・お問い合わせ】
・アイエスエフネットハーモニーご家族と語る会
http://www.isfnet-harmony.co.jp/gokazoku.html

※都合により急遽、登壇者やスケジュールなど変更となる場合がございますので、ご了承ください。

6月のハーモニーランチ会

ハーモニー見学会の後には恒例のハーモニーランチ会が行なわれ、午前中の就労体験会に参加したインターンシップ生やアイエスエフネットの社員の皆さんも、ハーモニーメンバーと交流を深めました。

20160610_Harmony_Lunch_04

皆でランチをいただいた後、良いところをほめたたえる「ほめーる」の発表が行なわれ、ハーモニー代表取締役の加藤からメンバーそれぞれの素晴らしいところを発表しながら「ほめーる」カードを贈りました。

20160610_Harmony_Lunch_Homail_01

また、スタッフが特に素晴らしい挨拶をたくさんしてくれたと感じたFDメンバーへ贈られ、今回で9回目となる「あいさつ大賞」や、「タイピングランキング」の発表も行なわれ、タイピングTOP1にはKさんが輝きました。

◇第9回タイピングランキングTOP1!
20160610_Harmony_Lunch_typing_03

あいさつ大賞にはYさんが選ばれ、いつでもどんなときでもしっかりとあいさつを行なうところを認められての大賞受賞となりました。
記念写真からも、Yさんのとても嬉しいという気持ちが伝わってきます。

◇あいさつ大賞に選ばれて
20160610_Harmony_Lunch_Aisatsu_02

タイピングランキングは、パソコンにおいて1分間のタイプ文字量を毎週計測し、その増加率が高かったメンバーを表彰するというもので、皆がスキルアップに励んでいる様子を加藤が知り、その頑張りを皆で称えようということで始まりました。

皆さん、おめでとうございます。
人それぞれペースがあり得意な事も違いますので、タイピングにこだわることなく、自分の強みを見つけ伸ばしていただければと想います。

最後に、就労体験会に参加したインターンシップ生とアイエスエフネット社員から感想をいただきましたので、一部ご紹介させていただきます。

===============
<就労体験会の感想>

・ハーモニーの皆さんの元気なあいさつに感動しました。
一緒に仕事ができとても参考になりました。
ぜひ、またご一緒できたらと想います。
今日はありがとうございました。

・短い時間の中で、的確に且つ分かりやすく仕事を説明していただき、安心して取り組むことができました。
今日の経験を、自分のこれからの仕事に活かしていきます。

・自分はIT系の学生なのですが、ハーモニーで行なわれている業務内容のレベルが想像以上に高くて驚きました。
とても明るい雰囲気の中で仕事をしていて、考えさせられることが多々ありました。
どうもありがとうございました。

===============

来月の報告も、楽しみにしております。

◆アイエスエフネットハーモニー
http://www.isfnet-harmony.co.jp/index.html

6月 ハーモニー見学会

先日、中野区立商工会館にてアイエスエフネットハーモニー見学会を開催させていただき、障がいのある方やそのご家族、企業担当者や特別支援学校関係者の皆さまなど、約40名の方がご参加くださいました。

20160610_HarmonyKengaku_05

はじめに、恒例となったハーモニーメンバーTさんのハンドドリップによるコーヒーデモンストレーションをお楽しみいただいた後、スタッフの李より障がい者雇用を取り巻く社会情勢や現状などを、お話しさせていただきました。

20160610_HarmonyKengaku_01

20160610_HarmonyKengaku_03

また、メンバーが実際に働いている就労環境をご見学いただき、障がいのある方が健常者に仕事を教えている様子や、相手のことを考えて配慮しながら教えあっている様子などをご覧いただきました。

20160610_HarmonyKengaku_04

ハーモニーの代表取締役である加藤からは、当グループが考える障がい者雇用や、企業が障がい者雇用を行なう際に注意すべきこと、また、考慮・配慮すべきポイントなどについて事例を交えてお話しさせていただきました。

20160610_HarmonyKengaku_06

当グループでは、障がい者雇用を継続的に行なうために、特に価値観の共有に気をつけています。

母体である株式会社アイエスエフネットはITを主軸としていますが、グループ全体では農業や飲食業など様々な事業を行なっており、様々な人が配慮を受けながら共に働いています。
そうした中で、価値観にズレがあると人も会社も立ち行かなくなってしまうため、当グループの考えをしっかり伝えてご理解をいただいた上でご入社いただいています。

価値観の共有の一つとして、「ご家族と語る会」や講演会などでもご紹介させていただいている『一人一秒のプレゼント』(奥村久美子「一人一秒のプレゼント」『ありがとうを伝えたい 第二集』芸術生活社)は、折に触れ、社内でも朝礼などで読み上げられています。

◆人は人のために汗をかきたい『一人一秒のプレゼント』
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=11702

障がい者雇用を行なう中で、一人ひとりの少しの努力が雇用増につながっており、一人10分の仕事を障がいのある方ができる形で切り出せば、一人、また一人と雇用することができるようになるのです。

そして、障がい者雇用で必要な発想は、「事業軸」つまり事業ありきで人を雇用するのではなく「人軸」、つまり、まず雇用してその人の強みを活かした仕事を考えることが大切なのではないでしょうか。

今回、見学会に参加された方からご質問をいただきましたので、一部紹介させていただきます。

===============
【質問】
今はもうお辞めになった障がいのある方の話です。
業務に関する能力には全く問題ないのですが、通勤途中に何か感じることがあるとそこから出社できなくなってしまい、会社はその特性を受け入れられず、退職を余儀なくされた方がいました。
こういう方についてはどうしたらいいのでしょうか。

【回答】
その方の障がいの度合いによっても、会社が行なうべきことは変わるかと想いますが、ハーモニーでは、まず業務が止まることがないよう、同じ作業を複数名で冗長化しています。
ご本人としては、そうした事情のある人財を受け入れてくれる企業で働いたり、課題の進捗管理が会社としてしっかりできるのであれば、在宅勤務という働き方もできるかもしれません。

===============

次回のハーモニー見学会は7月15日(金)を予定しておりますので、関心をお持ちの方は、ぜひ足をお運びください。

◆ハーモニー見学会
http://www.isfnet-harmony.co.jp/kengakukai.html