未来ノートメルマガ 251号


【未来ノート通信】-第251号- 16/7/26

こんにちは。未来ノート事務局でございます。
今号も、最後までお付き合いいただければ幸いです。

★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 1:渡邉幸義より皆さまへ
★ 2:掲載のお知らせ
★ 3:たくみファームのミニトマト「天使の唇」が 金賞をいただきました!
★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1:渡邉幸義より皆さまへ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

『書き出すほど軽くなる』

私が27年間書き続けている「未来ノート」は、
未来のこと、日々のこと、計画などを書き記すだけではありません。

不安な気持ちを打ち消すために、その懸念点を箇条書きにし、
更にその内容に対してポジティブな見方をすることで、
感じている不安を軽減することにも役立ちます。

1つの不安に対して10個、前向きなことをあげてみます。
そしてそれを声に出してみるのです。
不安な気持ちは、少しずつ軽減されてゆきます。

皆さんもぜひ、やってみていただければと思います。

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2:掲載のお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

さまざまなメディアで、渡邉のインタビューや事業に関する記事を
取り上げていただきましたのでご紹介いたします!

*****
2016年7月1日 ~ 7月26日

◇カウテレビジョン 2016年7月6日
「社長室101」という番組の中で、アイエスエフネットグループの取り組みや
考え方などについて、代表渡邉のインタビュー映像を全6話に分けて
ご掲載いただきました。
http://cl.am.md/?9K1u_1_u2412450030_2aa36

◇越後ジャーナル 2016年7月8日
「障害者就労に新たな道筋 アイエスエフネットライフ三条事業所開所式」
と題し、7月7日に執り行われた三条事業所の開所式の様子を
取り上げていただきました。

・Echigo Journal news
http://cl.am.md/?9K1u_2_u2412450030_0e56f

◇日本経済新聞(静岡版) 2016年7月22日
7月21日(木)に静岡市内で行われた、静岡日経懇話会での
代表渡邉の講演の様子が掲載されました。

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3:たくみファームのミニトマト「天使の唇」が 金賞をいただきました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

このたび、アイエスエフネットグループの関連企業である、
特例農業法人「株式会社たくみファーム」で収穫されたミニトマト
「天使の唇」が、「野菜ソムリエサミット 2016 年7 月」において
金賞を受賞いたしました。

◇野菜ソムリエサミットとは

「美味しさ」を軸として全国各地から出品される青果物を
絶対評価形式にて評価し、食味が優れたものを認証します。

価値ある青果物を評価・認証し、広く世の中に発信することにより、
生産者を応援し、日本の農業の活性化に寄与することを目的としています。

◇評価員コメント

サクランボのような外見と食感で、甘味と酸味がぎゅっと詰まっている。
ぷにっとした皮は柔らかく噛むと口の中にジューシーなゼリーが溢れる。
見た目の可愛らしさを活かして、そのまま生で楽しみたい。

今ならなんと、7月31日(日)まで期間限定価格で販売中です。

旬真っ盛りのミニトマト「天使の唇」を、ぜひ一度ご賞味ください!

・ピカリ産直市場「お富さん」
http://cl.am.md/?9K1u_3_u2412450030_aa396

◇ミニトマト「天使の唇」 金賞 受賞のお知らせ
http://cl.am.md/?9K1u_4_u2412450030_859a1

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
未来ノート事務局より ・・ ☆.・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

先日の日曜日は、関東地方から東海地方にかけて、
報道で取り上げられるほど、小規模の地震が頻発しました。

もう収まってはいますが、ふと非常持ち出し袋のバッグの中が、
冬物だったことを思い出し、慌てて夏物を追加しました。

皆さまのご家庭の持ち出し袋はいかがでしょうか。
準備してそのまま・・・なんてことはありませんか?

非常食にも賞味期限がありますから、
春・秋のお彼岸や9月1日の防災の日などを目安に
見直す日を決めておくと安心ですね。

6月1日発刊の、月刊「日経トップリーダー 2016年6月号」のコーナー
「トップリーダーの実像」において、
「318冊のノートが生んだ障がい者雇用の革命児」と題し、
代表の渡邉が書き続けている「未来ノート」などに関して、
特集記事を5ページにわたりご掲載いただきました。
◆『「318冊のノート」日経トップリーダー』
http://cl.am.md/?9K1u_5_u2412450030_d346a

渡邉は以前、ブログの中で、

『「今日すること」を“今日”書いているのではなく、
今日書くのは2週間以上先のことで、
未来を早い段階で「見える化」することにより、
もし、問題が発生したとしても落ち着いて行動することができるのです。』

『当グループには、就労が困難とされる方が、多く働いていますが、
毎日「未来ノート」を記し試行錯誤することで、
実現することができたのだと感じています。』

このように書いていますが、
頭では、誰もが色々と考えていることでしょう。

ですが残念なことに、頭の中に思い描いたことは、
思いのほか、直ぐに消えてしまいます。

ノートなどに文字や図として描くことによって、
脳裏に焼き付き、記憶となるようです。

「未来ノート」でこのように“見える化”し、
記憶に残し、更に書き重ねていくことで、
それらを実現できるようになるのではないでしょうか。

「未来ノート」を書くことが“楽しみ”となり、
短い時間で深く考えることを助けるツールとして、
長く続けられると良いですね。

最後に・・・

突然のお知らせとなりますが、

皆さまに毎月2回お届けしてまいりました
「社長のメモ・未来ノート通信」ですが、
今号を持ちましてしばらく休刊とさせていただきます。

これまでご愛読くださり、誠にありがとうございました。
再開の際は、これまで以上に皆さまにお楽しみいただけるような
メルマガをお届けできればと思います。

またお会いできます日を楽しみに、
それまで皆さま、どうぞお元気でお過ごしください。

ありがとうございました。

****************************************************
未来ノート事務局
Mail:futurenote@isfnet.com
****************************************************