コーヒーを通じて、たくさんの人と交流の場を広げたい

アイエスエフネットグループでは、履歴書にこだわらず、人間性を重視した採用をおこなっているため、実に様々な方がいらっしゃいます。
今回は、ハンドドリップコーヒーの淹れ方をマスターし、ハーモニーで活躍されているTさんをご紹介させていただきます。

20150515_Harmony_Lunch_10

以前は印刷関連のお仕事をされていましたが、対人恐怖症やPTSD(心的外傷後ストレス障がい)を含む統合失調症を発症してしまいました。
そんなある日、知人の方のご紹介でアイエスエフネットハーモニーのことを知って入社されました。

入社後にTさんは几帳面な性格を活かして、匠カフェaottoで販売されている「Cafe・Fedar(カフェ・フェダール)」をはじめとしたコーヒーをプロデュースしてくださっている株式会社ミカフェートの代表取締役社長であるコーヒーハンター川島良彰様より、本格的なハンドドリップコーヒーの淹れ方をご指南いただき、基礎から技術を習得されました。

20150515_Harmony_Kengaku_01

ハーモニーでは、定期的に「見学会」や「ご家族と語る会」を開催しておりますが、その会場でハンドドリップコーヒーのデモンストレーションを行い、お越しいただいたお客さまにお召し上がりいただいていますが、皆さまからは「Tさんの淹れたコーヒーはとても美味しい」と高いご評価をいただいております。

Tさんに、仕事に対する想いを伺いました。
「今は事務補助を行いながら、定期的に開催されるハーモニーのイベントで、お客さまに召し上がっていただくコーヒーを、ハンドドリップで心を込めて作っています。
毎回、多くのお客さまがお越しくださり緊張もしますが、だからこそやり甲斐も感じています。
今では、イベントを通じて、笑顔で様々な方と楽しく会話ができるようになりました。
これからは、もっと多くの方と交流の場を広げて、活躍ができたら嬉しいです。」

日常の生活や仕事のストレスなどから突然病気になり、障がいが残ってしまう可能性は誰にでもあります。
症状や特性は一人ひとり違いますので、周囲の人はそれを知り、しっかり認めることがとても重要なことなのです。
常に相手の立場になって物事を捉えることで、思いやりや優しさは自然に生まれてくるものだと想います。

◆Cafe・Fedar(カフェ・フェダール)
◆株式会社ミカフェート公式サイト


コーヒーを通じて、たくさんの人と交流の場を広げたい」への2件のフィードバック

  1. 月山

    私もアイエスエフネットライフ盛岡で働いておりますが、皆さん良くして下さり、安心して働けております。

  2. 石井

    コーヒーハンターこと川島さんプロデュースのコーヒーは、美味しいですね。
    東京駅のグランスタにある、ドリップマニアで川島さんプロデュースのサンミゲルダークコーヒーをアイスで買って飲んでみましたけど、アイスコーヒーでありながら香りが良く、酸味も効いてて美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です