線路に転落した男性を救助

6月のこととなりますが、名古屋市営地下鉄鶴舞線伏見駅の下りホームにて、アイエスエフネットグローバルの村瀬さんが、近くにいた銀行にお勤めの方と共に、線路に転落した男性を救助され、消防署および交通局から感謝状をいただきました。

◇感謝状授与の様子
20160620_Ceremony

お二人の目の前で男性が線路に転落し、銀行員の方が救助のため線路に降り、村瀬さんは電車の緊急停止ボタンを押して駅員さんを呼んだ後、銀行員の方と協力し男性をホームへ引き上げたそうです。

村瀬さんよりコメントをいただきましたのでご紹介いたしましょう。
===============
たまたまこのような現場に遭遇しましたが、特別なことをしたとは考えていません。
また、本当に評価されるべきは、真っ先に線路に降りたもう一人の方で、私はサポートしただけです。
ただ、私自身、周りからこのような評価されることは少ないので、単純にうれしく思います。
今後も私にできる範囲で、社会に貢献できればと思います。
===============

お二人の連携で、転落した男性は軽い怪我ですんだとのことですが、村瀬さんと銀行員の方は面識がなく初対面でした。
相手を想う心がこの連携につながり、大切な命を救うことが出来なのではないでしょうか。

6月21日の中日新聞(市民版)でも取り上げられておりますので、この新聞をお持ちの方はぜひ、お読みいただければと想います。

救助のためとっさに行動した銀行員の方の勇気、そして、村瀬さんの冷静な判断に、心から賞賛の拍手を贈りたいと想います。