誰にも相談できないといって悩まないで

アイエスエフネットグループでは、一般的に就労が困難とされる方々の雇用創造(25大雇用)に取り組んでおり、そのカテゴリーの一つに「LGBT(性的少数者)」がありますが、最近になってようやく理解の輪が広がってきたように想います。

“LGBT”とはLesbian(女性同性愛者)、Gay(男性同性愛者)、Bisexual(両性愛者)、Transgender(性別違和、性転換者、異性装同性愛者など)の方々を意味する頭字語であり、周囲に隠しているため働きづらい、カミングアウトしたら退職を余儀なくされてしまったなど、働くことに対してなんら関係がないにも関わらず、偏見や差別によって一般的な企業ではなかなか採用されない方がいらっしゃいます。

以前このブログでもご紹介させていただきましたが、当グループには LGBTの一つである“性別違和(性同一性症)”の方が隠さず働いています。

Flour_2015111901

他の性としての名前の使用についてはワーキングネーム制を導入していますので、事情が認められた場合、当社では名前を変えて働いてもらうことが可能です。
また、よく質問をいただくトイレの使用に関しては、法的な問題もありますが、過去の判例で“そのトイレを使うであろうと特定される全員から許可が出れば使用できる”ということでしたので、事例としては女性用のトイレの使用について女性社員に可否を求めたところ一人として反対する社員はいませんでした。

当グループには、ありのままの自分で仕事に専念することができる環境があります。
LGBTの方の中には、誰にも相談できず悩んでいる方もいらっしゃると想いますが、どうか一人で悩まずご連絡ください。

◆アイエスエフネット採用に関するお問い合わせ
https://business.form-mailer.jp/fms/f5a304dc19863


誰にも相談できないといって悩まないで」への1件のフィードバック

  1. まきしとおる

    11月21日のうるま市健康福祉祭りのときは、Isfネットライフ沖縄さんから、一人手話通訳のボランティアで、舞台通訳や、ろう者の買い物、副市長の挨拶などの通訳していただきありがとうございました。 とってもたすかりました。
    所長さんが、せっきょくてきに、対応してくれて、きかいがあれば、またお願いしたいです。 、

    ハローワークさんからの連絡で、福祉事業所、A型事業所からはじめての試みということで、手話通訳ができる事業所が、isfネット沖縄さんだけだそうなので社長にお礼が言いたかったので、コメントさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です