日別アーカイブ: 2015年6月30日

可能性は無限大 アイエスエフネット高等学院

アイエスエフネット高等学院は、通信制高校である明蓬館高等学校のサポート校として、発達障がいや学習障がいをお持ちの生徒を対象に、高校卒業の支援だけでなく、アイエスエフネットグループの支援のもと、在学中から就労体験を行なえる環境があることで、就労への流れも実現できる学院です。

生徒の個性は一人ひとり異なるため、個別の支援が必要なのですが、視覚からの情報を優先的に受け入れたり、聴覚が優れていたり、目で見た場面を写真のように頭にインプットし再現したりなど、毎日素晴らしい個性を見せてくれます。

また、学校で見せる顔と家庭で見せる顔が異なることもよくあり、そのため、子供のことを一番よく知っている親御さんに、定期的に日々の学院での様子を報告し、それに対してアドバイスをいただくなどして、学院での指導につなげています。

ときには親御さんもご存じない個性があって驚かれるなど、可能性は無限大だと感じる日々です。
生徒の個性を活かすためにも、親御さんとの連携を密にし、共に成長を見守っていきたいと考えています。

7月7日から生徒たちは、スクーリングのため3泊4日の工程で福岡にゆきます。
そこでは、自然に恵まれた施設で、他のサポート校の生徒たちと共に授業を受け、生活をします。
多くの友達と出会い、また一つ成長していただければと想います。

◆アイエスエフネット高等学院 公式ホームページ
◆アイエスエフネット高等学院 Facebook

6月 2回目の新卒採用会社説明会

6月29日に、6月 2回目の新卒採用会社説明会を東京で開催させていただきました。

私からは、アイエスエフネットをどのような想いで創業したのか、そして今、どのようなことを考えて経営しているのか、また学生の皆さんへの就職活動に関するヒントなどをお話させていただきました。

20150629_Shinsotsu_setsumeikai_02

私が最初に就職した会社は外資系IT企業で、最初から期間を決めて働くつもりで入社をしました。
実はその時すでに、アイエスエフネットを起業しようと考えていたからです。

2000年1月にアイエスエフネットを創業し、学生の頃に夢みていたことを実現できたおかげで、私は毎日ワクワクしながら仕事をしています。
皆さんはどのような将来を考えているでしょうか。

20150629_Shinsotsu_setsumeikai_01

もし皆さんが「将来、海外で働いてみたい」と思うならば、海外で働ける環境があるか、これから環境を創ってくれる会社でなければなりません。
「将来結婚して子供が生まれたら、奥さんのために育児休暇をとりたい」と思うならば、男性の育児休暇も取得できる制度が整っている必要があるでしょう。

これから就職をする皆さんにとって、会社選びは人生においてとても重要なことだと考えています。
ぜひ、給与や待遇の他に、その会社の制度や環境も加味していただけたらと想います。

ですが、1~2時間の説明で会社をよく知るというのは難しいことでしょう。

もし、私の話を聴いて共感するところ、響くところがありましたら、ぜひ「1日かばん持ちインターンシップ」へご参加ください。
実際の会社をみて、聴いて、体感していただければと想います。

皆さんのご参加をお待ちしています。

◆6月の1日かばん持ちインターンシップ レビュー
◆アイエスエフネット インターンシップ

仕事ができることに感謝しています

アイエスエフネットグループでは、履歴書にこだわらず、人間性を重視した採用をおこなっているため、実に様々な方がいらっしゃいます。
今回は、お弁当作りで活躍されているGさんをご紹介させていただきます。

Gさんは、大学生の頃、原因のわからない体調不良に見舞われ、病院で診ていただいたところ、統合失調症との診断を受けました。

現在は、特例子会社アイエスエフネットハーモニーに所属し、東京都内の錦糸町駅近くにある、障がいのあるスタッフがお弁当の製造・販売を行う「匠オーガニック」という店舗で、「あすファーム松島」の新鮮で甘みも豊かな野菜などを使った、健康に配慮したお弁当作りに従事しています。

20150204_Takumi_Organic_01

匠オーガニックでは、食材の仕込みやおかずの盛り付け、それから洗い物などの仕事を行っているそうです。

20150204_Takumi_Organic_02

Gさんに、ハーモニーで働くようになってからの想いを伺いました。

「病気になった時には絶望しか考えられなかったのですが、ハーモニーで働けるようになり、今はお給料をいただいて一人暮らしができています。仕事ができる事に感謝しています。」

仕事ができる喜びが、ひしひしと伝わってまいりました。
一人でも多くの方に、Gさんと同じ喜びを味わっていただけるよう、雇用の創造に尽力してまいります。