カテゴリー別アーカイブ: プライベート

アメリカ出張

先日、サンフランシスコで行われているスタートアップ(起業したばかりの企業)向けのピッチイベントに参加してきました。

ピッチとは、「一定の間隔で物事を行なったりするときの速度」といった意味合いがありますが、自分のアイデアを聞いてもらいたいが、なかなか時間をとってもらえない、そんな中でエレベータに一緒に乗り込んで極めて短い時間で要点を伝え、アイデアの承認をもらったところからきています。

持ち時間5分の間に、若い起業家達が自分たちのアイデアを将来の投資家に対してアピールし、その後、審査員から厳しくも貴重なアドバイスをいただけます。
参加したイベントのテーマは“ソフトウェア、ビッグデータ、金融、バイオ、医療”など多岐にわたり、若者が情熱をもって語りかける姿がとても印象的でした。

また、ロサンゼルスの障がい者支援企業である、Elwynさまも訪問させていただきました。
1852年に設立された、アメリカで最も古い支援施設の一つで、様々な障がいのある方々に対して、トレーニングから仕事の機会の提供、シニアの方向けには複数のコミュニティー活動の場を提供されています。

長い方は数十年この施設で働いており、多くの企業がこの活動に賛同し、障がいのある方でも出来る仕事を切り出しています。
また、ボランティアの方々の想いもとても素晴らしく、自分の時間やお金を積極的にこういった活動に提供しています。

最後に私から、絵本とお菓子をプレゼントさせていただきました。

当グループでも一般的に就労が困難とされている方々の雇用創造(30大雇用)に取り組んでおりますが、こういった想いは人が本来持っている「変わらない心」なのだと改めて実感し、今後も日本のみならず全世界に雇用の輪を広げていけるよう尽力してまいります。

20160328_America business trip_02

20160328_America business trip_03

20160328_America business trip_01

私の考える健康

アイエスエフネットグループでは、業務を行う上で健康の維持は欠かせないと考えており、当グループのスローガンに「健康の追求」を掲げ、様々な面での健康を目指しています。

健康と聞くと、風邪を引かないように注意するとか、体力をつけるといったようなことを考えがちですが、そうしたことだけでなく、精神的・社会的な健康も大切だと考えています。

例えば、周りの人に挨拶が出来るとか、人の役に立つ行動ができるなど、社会と繋がる行動が社会的健康であり、そういったことが出来てくると精神的に余裕が生まれ、精神的な健康に繋がると考えます。

私も“食事・運動・睡眠・ストレスのない環境”の4つを意識し、日ごろから「健康の追求」を心がけています。

食事であれば豆腐を週2回食べるようにしようとか、いくつか自分で決めて行っていることがあるのですが、一般的にはバランスよく適度に食べることが良いでしょう。

運動は毎日必ず1時間半は暇を見つけては歩くようにしていますし、ストレッチはとても体の調子が良くなります。

睡眠は20時か21時ごろには就寝し、2時ごろに起床して、しっかり休息をとっています。

私の場合、ストレスは未来ノートに書き出すことで解消できています。

皆さんもご自分にあった健康法を行ってみていただければと想います。

◆アイエスエフネットグループ スローガン

◇野菜を中心とした、ある日のaotto週替りランチ
(ローストポークのプラチナコーンクリームソース)
20150810_aotto_lunch_02

自分に対しての約束

約束には“相手に対しての約束”と“自分に対しての約束”の2つがあります。

自分に対しての約束は、守らなくても誰からも文句を言われませんから、ついつい破ってしまうこともあるのではないでしょうか。

たとえば子どもたちに「危ないから道路を渡るときには横断歩道を渡ろうね」と普段から約束しているとしましょう。
子どもたちがいる時には、きっと一緒に横断歩道を渡ることでしょう。
ところが、子どもたちが近くにおらず、車の通りもそれほど多くなく、横断歩道が遠く、そして急いでいるようなとき。
つい車道を横断してしまう。

自分に対しての約束はこうして破られてしまうのです。

誰も見ていなくても、自分が見ています。

自分に対しての約束が守れるようになったとき、世の中に目を向け、人に目を向け、相手に対しての約束も守れるようになると想っています。
そのような人の願う夢は、きっと素晴らしい夢に違いないと私は想います。

期日通り提出することの大切さ

学生の方も、社会人の方も、いろいろな提出物や書類などの提出機会があるかと思いますが、“うっかり”もしくは“止むを得ず”期日を守れない、ということもあるのではないでしょうか。

ご自身の意識不足で提出が遅れてしまう場合は、次のように考えてみてはいかがでしょう。

“あなたが提出物を受け取る側で、その提出物の到着が遅れたことで、業務負荷が増大し、他の大切な約束を果たせなかった”

こういったことは現実にも起きているだろうと私は考えています。
相手の立場になって考えると、同じことでも随分感じ方が変わってまいります。

“少し遅れても提出すればいい”のではなく、それを受け取る相手のことも考え、しっかり考動をするように私も常に心がけています。