歌とダンスのコラボ 経営革新セミナー懇親会

南青山の骨董通りにある、当グループが運営する創作料理レストラン「l’artisan(ラ ルティザン)」にて、経営革新セミナーの後に、恒例の懇親会を開催させていただき、ご参加者の皆さまと様々なお話をさせていただきました。

20160623_Keieikakushin_Konshinkai_04

20160623_Keieikakushin_Konshinkai_03

今回は、難病と闘いながら歌い続ける小澤綾子さんに加えて、弥生さんがライブにご参加くださいました。

◇左から、奥野裕介様(ギター)、弥生様(ダンスパフォーマンス)、小澤綾子様(ボーカル)
20160623_Keieikakushin_Konshinkai_05

弥生さんは、20代の頃から本格的に役者を始め、7年前に膠原病を発症、3年前には全身性エリテマトーデスと慢性疲労症候群と診断されました。
これらは目に見えない病気なので、今どのような状態なのかが伝わりにくく困ることも多いそうです。

病気のためほとんどを寝て過ごし、週に1日か2日活動されているという貴重なお時間をいただき、ダンスパフォーマンスを披露してくださいました。

20160623_Keieikakushin_Konshinkai_07
20160623_Keieikakushin_Konshinkai_08

小澤さんは、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく難病「筋ジストロフィー」と闘いながら、少しずつ動かなくなる身体を抱えながらも、自らが歌うことで、障がいや病気に対して偏見の無い、生きやすい社会を目指しています。

20160623_Keieikakushin_Konshinkai_01

7月28日開催予定の「経営革新セミナー 懇親会」でも、その歌声を披露していただく予定となっておりますので、ぜひご参加いただければと想います。

◆筋ジスと闘い歌う 筋ジストロフィーシンガー 小澤 綾子
http://challenged-ayako.com/

◇ご参加の皆さま
20160623_Keieikakushin_Konshinkai_06

6月の経営革新セミナー

先日、6月の経営革新セミナーを開催させていただき、いつもお越しいただく方や初めて参加される方など、約45名のお客さまがご参加くださいました。

20160623_Keieikakushin_02

まずはじめに、株式会社システムアリカ 代表取締役社長である中村章さまより、「『輝きを放つ人材になりたい!』ARIKA人材育成ナビ」をテーマにお話ししていただきました。

20160623_Keieikakushin_01

私からは「ISFnetのスターたちのご紹介」と題し、一般的には就労が困難とされながらも当グループで活躍されている皆さんをご紹介させていただきました。

20160623_Keieikakushin_03

===============
酒井さん

20160623_Keieikakushin_04

・「INASグローバルゲームス」で銅メダル
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=9743

南青山の骨董通りにある創作料理レストラン「l’artisan(ラルティザン)」で活躍されている酒井さんは、国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)さまが主催する知的障がい者スポーツ最高峰の世界大会「エクアドル2015 INASグローバルゲームス」において、走り幅跳びで銅メダルという素晴らしい成績を残されています。

また、笑顔がとても素晴らしく、私が親しくしているある方は、店の前を通り過ぎようとしたとき、酒井さんと目が合い、にこっと微笑まれて、おもわず店に入ってしまったというエピソードがあるほどです。

===============
栄さん

20160623_Keieikakushin_05

NPO法人FDAで活躍されている栄さんは、1年半ほど前に難病が発覚し、前職では難病や就労に関する考え方が一致せず、残念ながら会社を去ることになりました。

そんな時、知り合いからFDA理事の成澤を紹介され、現在は自身の経験を活かし、FDAで就労が困難とされている方々の支援を行なってくれています。

===============
西海さん

20160623_Keieikakushin_08

・12月 ライフ青山でご家族と語る会
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=10437

アイエスエフネットライフ 青山事業所で活躍されている西海さんは、以前、重い病気を患って長い引きこもり状態となり、就職活動をしてもうまくいかず、あきらめかけていた時にライフと出会い、入所から約3年かけて見事に社会復帰を果たしました。

今では「ご家族と語る会」などで、過去の自分を受け入れた自作の詩を朗読するなど、「皆さんの前で話すことで人の役に立てていると感じる」と話してくれました。

===============
NPO法人FDA理事 成澤

20160623_Keieikakushin_06

・世界一明るい視覚障がい者
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=6193

NPO法人FDAで理事を務める成澤は、生まれつき網膜色素変性症という視覚を徐々に失う難病を抱えながらも、いつも笑顔を絶やさず、自らを『世界一明るい視覚障がい者』と呼び、就労が困難とされる方々のために日々奔走しています。

また、ウィルス性髄膜炎とてんかんを患いながらも見事復活したという経験もあり、自身の経験を活かし常に当事者の立場で取り組んでくれています。

===============

今回ご紹介させていただいた方の他にも、当グループには多くの方が活躍されており、就労環境に対する配慮ができれば輝くことが出来るのです。

今後も、働きたいと願う全ての人に“いきがい”や“働きがい”を感じていただき、誰もが安心して生活できる環境・社会を創ってゆきたいと想います。

皆さん素晴らしいお話をありがとうございました。

6月 ライフ青山事業所「ご家族と語る会」

先日、アイエスエフネットライフ青山事業所にて、6月の「ご家族と語る会」を開催させていただきました。
障がいのある方や、ライフメンバーのご家族、また当グループの取り組みに関心をお寄せいただいた皆さまなど、今回は60人以上の方がご参加くださいました。

20160617_Life_Aoyama_Gokazoku_03

「ご家族と語る会」では、毎月新しい情報をお届けしていますが、情報を知ることで意見が出てきます。
そうした意見を親御さん同士で相互に交換するのが、親御さんが主催する「父母の会」ですので、こちらにもぜひご参加いただければと想います。

◆「自分たちも力になりたい」父母の会
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=10633

今回私からは、当グループの評価制度についてご説明させていただきました。
私は親御さんに、“カルテ”“個人通信簿”“見える化”の3つについていつもお話ししていますが、この中の“見える化”として、障がいの状態を40段階に明確にしました。
次の4つについて、今ご本人がどの位置にあるのかという段階を表にしています。
・就労継続支援A型
・就労継続支援B型
・就労移行支援
・自立支援訓練支援

これにより、ご本人も親御さんも安心して働いたり、今後の進む方向を考えることができると考えています。
ブログの中では詳しくお伝えできませんので、ぜひ、「ご家族と語る会」へご参加ください。

後半では、プルデンシャル生命保険株式会社のエグゼクティブ・ライフプランナーである川田修さま、秘書の安田靖子さま、そしてライフ青山卒業生で秘書の居村さんより、お話しをうかがいました。

20160617_Life_Aoyama_Gokazoku_04

◆プルデンシャル生命保険様で3年目を迎えます
※居村さんの活躍を紹介したブログ記事です。
http://www.isfnet.co.jp/blog/?p=7289

安田さまからは、居村さんが秘書となった当時から今に至るまで、どうやってここまできたのか、想いと共に語っていただきました。

毎日、居村さんの行動をみて、寄り添い方、教え方、付き合い方を学び、考え、小さな仕事一つひとつのマニュアルを一緒に作っていったのだそうです。
時間はかかりましたが、できなかったことができるようになり、新たな仕事を学び、今では欠くことのできない存在になっているそうです。

川田さまは、居村さんが秘書となった当初、慣れない場所で仕事をすることへの緊張もあってか、彼女ができることを見出しにくかったそうです。
それでも強みを見て、少しずつ繰り返し支援を続けることで、様々なことができるようになり、プルデンシャル生命の支社内のキックオフ会で発表できるほどに成長しました。

20160617_Life_Aoyama_Gokazoku_05

半年ほど経ったある日のこと、川田さまは居村さんに仕事について楽しいかと尋ねたそうです。
すると居村さんは、
「私、毎朝起きると自分がシンデレラなんじゃないかと思うんです。こんなオフィスで仕事ができて」と。

これを聞いて川田さまは、「彼女を雇用して本当によかった。なんてすばらしいプレゼントをもらったんだろう」と想ったと同時に、絶対に雇用し続けなければと強く想ったそうです。

また、私も日ごろから大変お世話になっている、法政大学大学院教授の坂本光司先生の言葉に「真の強者は弱者に優しい」というものがあるのですが、川田さまはこの言葉を聞き、それが腑に落ち、障がいのある方を雇用しようと決めたのだそうです。

「当社のような金融系企業でも、障がいのある方が活躍し、戦力として働いている社会になる日を私は想い描いている。」と、熱く語っておられました。

すばらしいお話をいただいた、川田さま、安田さま、居村さん、そしてご参加いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

20160617_Life_Aoyama_Gokazoku_06

次回のアイエスエフネットライフ青山事業所での「ご家族と語る会」は、8月19日(金)を予定しております。
全国各地の事業所でも開催しておりますので、下記URLからスケジュールをご確認いただければと想います。

◆「ご家族と語る会」のご案内 アイエスエフネットライフ
http://www.isfnetlife.com/events/katarukai/kataru.html

7月28日「経営革新セミナー」開催のお知らせ

アイエスエフネットグループでは、当グループの経営革新ノウハウを共有し、経営者の皆さまのお役に立ちたいと考えております。
また、一般的に就労が困難とされる方々の人財育成の進め方、考え方にご賛同いただいた方々を対象に、毎月定例で「経営革新セミナー」を開催しております。

◇5月の経営革新セミナーの様子
20160526_KeieiKakushin_04

今回は「農福連携、6次産業化モデルの進め方」を特集とさせていただき、また、「世界50都市 8億人健康プロジェクト」を掲げ、一般社団法人マクロビオティックカウンセリング協会を設立し、会長に就任された阿部洋志さまをお招きし、「御節、陰陽調和料理から、コシェル認証食材まで」をテーマにお話ししていただく予定となっております。

◆一般社団法人マクロビオティックカウンセリング協会
http://www.macrobiotics.jpn.com/

セミナー後は、参加者の皆さま同士で親交を深めていただく懇親会も開催しており、恒例となりました、難病と闘いながら歌い続ける小澤綾子さまによるミニライブも予定しておりますので、ぜひご参加いただければと想います。

===============
■経営革新セミナー
特集「農福連携、6次産業化モデルの進め方」

◆日時
2016年7月28日(木)
【経営革新セミナー】15:30-17:30(受付開始15:00)
【懇親会】17:30-19:00

◆会場
l’artisan(ラ ルティザン)
〒107-0062 東京都港区南青山五丁目16-2 ティスモタイキ南青山ビル 1階

◆参加費
【経営革新セミナー】お一人様1万円(税込)
【セミナー+懇親会】お一人様1万5千円(税込)
※過去経営革新セミナーにご参加いただいているお客様には、5千円(税込)にて、セミナーおよび懇親会へご招待させていただきます。
※特典:渡邉幸義 無料個別コンサルテーション(20分)付
(後日、日程を調整。詳細はISFnetグループセミナー運営事務局まで)

【お申し込み】
・お申し込みフォーム

【お問い合わせ】
ISFnetグループセミナー運営事務局
TEL:03-6629-4000
受付時間 9:00-18:00(土・日祝祭日を除く)

※登壇者や講演内容など、急遽変更となる場合もございますので、ご了承ください。

===============

◆セミナー・見学会情報2016 アイエスエフネット
http://www.isfnet.co.jp/seminar/2016/index.html